学生ローンを極める




何も考えずに行き当たりバッタリの学生ローンの利用はあまり利口ではない。学生ローンにも様々な金融商品ごとに異なる金利体系の方式を採用する会社も存在するからだ。学生ローン「技」では、学生ローンで損をしない為の活用法が克明に記されている。
まず確認したいのが、学生ローンで借りた資金を何に使うのかをよく考えてもらいたい。
「生活費」や、「とりあえず必要になるかも知れないから」的な、使用目的が明確でない場合はこの頁は無意味である。無駄な時間を割く必要はないので、別のページをご覧頂きたい。
もし、「旅行」や「引越し」・「医療費」等の明確な目的であるならば、この頁は最後までぜひご覧頂きたい。
学生ローンで借用した金銭の使い道が明確な場合、「目的ローン」の適用が認められる可能性が高く、これらの商品は低金利・高限度枠という特典が得られるのだ。
何気なく申し込みをすると、これらの特典が受けられずに損をすることになるばかりか、限度枠も通常の与信審査の為に低めに設定される。
海外旅行や引越し等は費用が高額な場合が多く、通常申し込みでは到底1社で借り入れるみとができず、結局は2社・3社と、複数の学生ローンに申し込みをするハメになる。

続きへ

学生ローンの全容・Top

(C) 2009 学生ローンの全容