学生ローンには未だ不透明な部分がたくさんある。当サイトでは学生ローン・学生キャッシングの全容を解明する学生専門消費者金融の解説サイトである。

学生ローンの全容

学生ローンとは

学生ローンとは学生専門にキャッシングサービスを提供する消費者金融である。
1960年代後半~1970年代にかけて、高田馬場で第1号店がはじめて開業され、その後池袋や御茶ノ水、渋谷、高幡不動、三軒茶屋等、多方面にわたってオープンした。
学生ローンのほとんどは、小規模消費者金融である。
一般の消費者金融は収入のない学生に対する貸し付けは、社会批判を懸念することから敬遠する傾向にある。学生ローン専門店は、大手消費者金融と顧客層の分水嶺を図ることで、その経営を安定させることに成功し、着実な成長を成し遂げた。
学生証で融資が受けられる上、即日融資可能というサービスもうけた。
また、多少の延滞は場合によっては遅延利息をサービスするなど、大手消費者金融にはできない小回りのきいた顧客サービスも、学生の間では高い支持を受けている理由の一つである。


社会批判も多い

学生ローンは学生向けキャッシングであることから、その営業体質を批判されることが度々ある。
その理由として、学生という身分上、どうしても安定した収入がなく、ただでさえ学費や生活費等を親に頼る身分の者に対し、安易に貸し付ける行為がいかがなものかという意見が大半を占める。
しかし、学生とはいえ収入には個人差があるのも事実であり、何人も経済的な自由を保証するという憲法論を鑑みた場合、何が何でも学生のキャッシングを批判的に見ることはできない。
学生でも「借りる権利」はあるのである。
一方、子を持つ親の心情からすれば、貸し付ける前に連絡がほしかったという気持ちも理解できる。が、当事者である学生からすれば、親に連絡されることだけは避けたいという心理もうなづけるものである。学生ローンの立場からすれば、融資前に連絡をしては顧客が寄り付かなくなり、営業が成り立たなくなる。仮に貸し付け前の連絡をした場合、個人情報保護法とプライバシーの観点からも問題になる。

このように学生ローンには、顧客である学生からは支持を受ける一方、「取り巻き」にはことさら批判的な見方をする意見も多く、学生ローンの存在自体が許せないと言う保護者もいるのだ。
どちらが正しくどちらが間違っているかを判断するのは難しく、ケースバイケースで判断せざるを得ないが、少なくとも学生と学生ローンの関係は決して悪いものではない。
むしろ緊急に必要な資金を小額で短期間利用する分には、十分メリットもあるのだ。
「学生ローンの全容」では、これらの問題を徹底解明する学生ローンの情報サイトである。

▲このページのトップへ